危ない心霊スポット日本の旅行地

全国には、人気観光地で、観光客があぶない経験をした場所が沢山あります。心霊スポットだったり、事故が沢山起こりやすい場所も旅行地にあります。栃木県のいろは坂でも多くの交通事故がありますが、そんな危険な場所を紹介していきます。日本全国のあぶない観光地。一度チェックしてから観光しましょう・・・
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
スポンサードリンク



スポンサードリンク
ブログランキング
ツイッター


プライベートポリシー

プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
316806
サイト登録
検索サーチエンジンとブックマークリンク集♪
自動相互リンク
PROFILE
SEARCH
<< 危ない観光地コツコツトンネル | main | 下関の危ない観光地 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
危ない日本の旅行地福島県御霊櫃峠
福島注美の危ない旅行地御霊櫃峠
福島県と言えば、現在も原子力発電所のように危険な地域がありますが、その中でも郡山付近に危険な観光地で、御霊櫃峠という場所があります。ここはやまぶかいところで、昔江戸時代には山賊が出ていたところです。 そんな山奥では他にも着物を着た霊など多数時代を超えて現れる場所です。 秋の行楽シーズンには、ドライブで迷い込む人もいますが、特に霊感の強い人は行かないほうがいいでしょう。 場所は、高篠山森林公園を過ぎてすぐに御霊櫃林道へ左折すると山道となります。 福島県中央部の物見旅を紹介します!
 
福島県は国道4号線や6号線が通る東北でも要衝の地です。その中央には全国で4番目に大きい猪苗代湖(1位琵琶湖2位霞ヶ浦3位サロマ湖)があります。


猪苗代湖の北部には現在の千円札に肖像画が残されている野口英世の生家があります。


野口英世が幼い時代に手のひらを火傷して思うように使えなくなってしまった囲炉裏や家の柱に「われ志をもたらば、二度とこの地を踏まず」と医学に情熱を傾ける気持ちを自らナイフで彫った柱を見学することができます。

歴史の物見旅では、野口英世といえば、最も世界でも尊敬される人物の一人です。少しだけ紹介すると、1歳の頃に不注意で手のひらを火傷して開かなくなったので、母親が英世が農業を出来ないので学問で生活できるように人の2倍働いて学校に行かせます。

その内手を手術して自由に手を使うことができるようになった英世は、医学の道で働きたいと考えます。

アメリカに渡り、細菌に関して研究し、ナポレオンが1日3時間しか寝ないで成功したということから自分も3時間しか寝ないで研究をつづけました。

その後アフリカのガーナに住み黄熱病の免疫を研究しますが、自身も黄熱病にかかりなくなります。

その後、ロックフェラーセンターの人ひとが野口英世を慕ったどうしてもアメリカで葬儀を行いたいと当時では感染者の亡骸を異国に運ぶことは難しいことでしたが、アメリカに移り舞いそうされています。

ロックフェラーセンターのは2つの銅像がありますが、それはロックフェラーと野口英世です。野口英世の生い立ちがわかる県中央部の物見旅です。
| kohizuka15 | 福島県 御霊櫃峠 | - | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
url: http://kakuyasubasu.jugem.jp/trackback/53